HOME

里山団体の概要(環境省報道発表平成13年5月1日より)

都道府県別里山件数
  • 50件以上:東京都、神奈川県
  • 30件〜  :北海道、埼玉県、千葉県、長野県、静岡県、愛知県、兵庫県
  • 20件〜  :岩手県、岐阜県、三重県、大阪府、福岡県
  • 20件未満:上記以外の府県
※都道府県別里山件数の上位は、大都市圏及びその周辺の都道府県がほぼ占めており、それらの地域に里山の活動フィールドが多く存在することがわかる。
  
里山における保護・ふれあい活動の種類とその実施割合(複数回答)
  1. 自然観察会:約78%
  2. 調査活動(生物・自然環境、暮らし等調査):約43%
  3. 雑木林・草地の維持管理(下草刈り、落ち葉かき、炭焼き等):約40%
  4. 環境整備・施設整備(水辺の清掃、遊歩道の整備等):約36%
  5. 特定の動植物や植物群落の保護:約28%
  6. 植林(間伐含む):約28%
  7. 野外活動(キャンプ、ネイチャーゲーム等):約28%
  8. 田んぼ・畑の管理:約15%
  9. ビオトープづくり:約15%
※活動フィールドにおける活動内容として最も多いのは、自然観察会で全体の78%。そのうち大部分は他の活動とも複合的に実施されている。次に、調査活動、雑木林・草地の維持管理、環境・施設整備が続く。観察や調査といった普及啓発的な活動に次いで、維持管理等に係る作業的活動の実施割合が高いと言える。

里山における自然環境保全上の問題点

活動フィールドにおける自然環境保全上の問題点として、次のような項目が多く挙げられている。
  • 開発行為(宅地開発、道路、ゴルフ場、ゴミ処分場等)
  • ゴミの投棄
  • 雑木林等の手入れ不足

Copyright (c)SATOYAMA-CLUB.COM. All rights reserved.